京都で会社設立する際に申請できる助成金

京都で会社設立をする際には、設立後のことを考慮してできるだけ多くの資金を確保しておきたいものです。

会社設立時に必要な資金は、設立者同士でお金を出し合うか、金融機関から融資を受けて賄うケースが
ほとんどですが、設立する会社が一定の要件を満たしていれば助成金や補助金を受け取れる制度を
活用する方法も、選択肢に加えることができます。
選択肢に加える

ただし、助成制度は実施主体が採択することではじめて支給されるお金であるため、
要件を満たしていても審査を通過できなければ助成金を受け取ることはできません。

また、助成制度によって受け取れるお金は必要経費の一部であり、なおかつ
上限が定められているので、足りない経費は他の方法をつかって賄う必要があります。

京都で会社設立をする場合に申請できる助成金・補助金の制度として、
最もよく知られるのは中小企業庁で行っている創業促進補助金制度です。

これは、特定の自治体内で会社設立をする人に対して必要経費のうちの
3分の2、最大で200万円までを補助する制度です。

京都府内の一部自治体もこの事業に参加しており、応募して審査を通過すれば
助成を受けることができます。

助成金を受ける

国が実施主体となって行われている助成制度は従業員を一定数雇用することが
要件に含まれているものが多く、設立する会社の内容のみで決まる助成制度は
創業促進補助金制度以外にはあまり用意されていないのが現状となっています。

また、京都には府内の企業を支援するために設立されている公益財団法人があり、
設立する会社がこの法人が実施している助成制度の受給要件を満たしていれば、
それに応募することで必要経費の助成が受けられる場合があります。

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備   福利厚生   財産引受

 

 

 

 

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる