京都で会社設立するタイムスケジュール

京都で会社設立するタイムスケジュールですが、最短で3日で株式会社を設立することができます。
まず会社設立のためにしなければならないことですが、発起人を決めて、設立費用の準備や会社名や
本店所在地や事業目的や資本金や発行株式や事業年度の決定をしますが、あらかじめ決めてあれば
それほど時間は掛かりません。

これらの定款が終われば、資本金の金額の準備をして現金を用意しなければなりません。
そして、京都の公証人役場に出向きまして、作成したものを提出し定款認証を受け取ります。

その後に資本金の入金を行い、書類を作成し法務局の方に登記申請書類を提出したら
株式会社の設立が終わります。このように行う事は多くありますが、タイムスケジュール的には
3日ほど全てを済ますことができます。

会社を起こすスケジュール

事前の準備には時間が掛かってしまうかもしれませんが、その点がスムーズにいけば
用意している物を提出するぐらいになりますので割と早くに会社設立が可能となります。

わからないことは悩まず無料相談へ

京都ではじめて会社設立する際には、作業をどのようにすすめていけば良いのかなど、
分からない点がたくさんでてきます。そのような場合は、京都府内で会社設立をサポートしている
司法書士事務所が実施している無料相談に申し込むことでアドバイスを受けることができます。

会社設立に関する無料相談を受け付けている司法書士に問い合わせて、話し合いにより
面談の日時がセッティングされたら、その日に実際に司法書士のいる事務所のもとに訪れて相談内容を伝えます。

設立の悩み相談

このとき、どんな会社を設立しようとしているのか、計画がある程度まとまっているのであれば、
それに関する資料を作成して持参すると、より具体的にアドバイスを受けられる可能性があります。

司法書士は、定款認証手続きや設立登記申請手続きにおいて代理人となることができるため、
相談の内容次第ではそのまま司法書士にお金を支払って設立に必要な書類の作成や申請等の代行を依頼することが可能です。

京都府内には、このような形式で会社の設立をしようとしている人の相談を受け付けている
司法書士事務所がたくさんあるので、どうしても自分自身の解決できないことがある場合は相談をしてみると良いでしょう。

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備   福利厚生   財産引受   タイムスケジュール   かかる費用

 

 

 

 

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる